★送料無料! 挨拶状無料! 香典返し専門店★
本気で稼ぎたい方、必見!→ ネットビジネス成功の奥義を公開中

香典とは?

香典は元々”香奠”と書き、「お香を供える」とか「お香の代金を供える」という意味でした。

でも昔は、お香やお金を供えていたのはごく一部の武士階級の人だけだったそうです。

室町時代後期には、武士が”金銭香奠”を出した記録があるそうですが
農村部において香奠とは長い間、米や野菜などの食料を持ち寄ることでした。

その後都市では、明治時代に金銭香奠が一般的になりました。
※地方で金銭香奠に移行し始めたのはもっと後で、大正から昭和初期にかけてのこと。

戦前までは、米などの”食料香奠”もまだ残っていたそうです。
しかし現在では、食事からお香まで一切を喪家が用意するようになりました。また貨幣経済が発達してきたこともあって、今や全国どこでも「金銭香奠=香典」が一般的になっています。


香典(こうでん)とは、死者の霊前に供える金品をいう。香奠、香料とも。「香」の字が用いられるのは、香・線香の代わりに供えるという意味であり、「奠」とは霊前に供える金品の意。
通例、香典は、香典袋(不祝儀袋)に入れて葬儀(通夜あるいは告別式)の際に遺族に対して手渡される。
Wikipedia より-

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://simprich.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/480