★送料無料! 挨拶状無料! 香典返し専門店★
本気で稼ぎたい方、必見!→ ネットビジネス成功の奥義を公開中

香典返しの基本知識

香典返しの品物には、弔事用熨斗紙(のし紙・掛け紙)をかけるのがマナーです。

熨斗紙の水引きは「黒白結び切り」が一番使われますが、大阪や京都などの関西地方や一部の西日本などでは「黄白」を用います。
(九州や四国では「黒白」です。また東北地方でも「黄白」を用いる地域もあります。)

香典返し 熨斗紙 水切り黒白香典返し のし紙 水切り黄白

表書きには「志」と記すのが、どの宗教でも使用可能で最も一般的です。

仏式ではほかに「忌明志」「満中陰志」、神式では「偲び草」 「今日志」、キリスト教では「感謝」 「昇天記念」(プロテスタント)とも書きます。

通常、表書きの下(水引きの下)には喪主や差出人の苗字のみを記します。

※香典返しの表書き
宗教 表書き(よみかた)   備       考   
(こころざし) どの宗教の香典返しでも使える表書き
仏式 忌明志(きあけし)
満中陰(まんちゅういん)
満中陰志(まんちゅういんし)
49日(忌中)が明けたことに対する感謝の意味
死後四十九日目を満中陰と呼ぶことから
満中陰をより丁寧にした書き方
神式 偲草(しのびぐさ)
偲び草、しのび草
茶の子(ちゃのこ)
今日志
三十日祭か五十日祭の後に送る場合の書き方
偲草と同じ
ささやかなものという意味
キリスト教 感謝(かんしゃ)
粗品(そしな)
昇天記念(しょうてんきねん)
 
 
プロテスタント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://simprich.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/479